海外転勤の動向と給与

日本国内のビジネスパーソンが、海外へ赴任するという事例は、かつては限定的な業種にのみ見受けられました。
ところが、最近では業種を問わず、一般的に海外赴任が行なわれるようになってきています。
そのように、海外赴任者が増え続ける状況の中で、現地スタッフの雇用・管理と共に、その処遇に関する諸問題をどのように解決するのかが、全業種的な課題となりつつあります。

それらの処遇の中でも、海外赴任者の給与には、多くの関心が集まっています。
一般に、海外赴任をする場合でも、国内同様基本給の設定、諸手当の加算がなされます。
その中で、海外基本給の設定方式は、購買力補償方式・別建て方式・併用方式に大別されます。
それらの内、購買力補償方式は、最も多く採用されているという調査データーがあります。

こちらはその名の通り、赴任地に於いても、国内と同等の購買力を補償するという基本コンセプトに基づいて基本給が設定される方式になります。
したがって、この方式によって設定された基本給を受け取った海外赴任者は、海外にいながら、国内と同等の生活水準が維持されるということになります。
こちらの方式では、外部コンサルタントによる情報提供がなされることで、赴任地によって異なる物価水準、インフレ率を考慮した客観的な給与体系を構築することが可能になります。
このサイトでは、海外転勤をするビジネスパーソンの動向と、その給与体系に関するさまざまな、数多くの情報をご提供します。



<関連リンク>
海外へ赴任している期間中に自宅を貸し出せるリロケーション会社のサイトです > リロケーション

Copyright © 2014 海外転勤と給与体系の変更 All Rights Reserved.